安住院の建造物・宝物について



(仁王門)


仁王門(岡山県重要文化財指定)
総朱塗りにしてあることから、「瓶井(みかい)の赤門」と呼ばれ親しまれ、康正2年(1456)の建立で、室町時代の特徴をよく表している。
楼門では、県内最古の木造建造物として有名である。


(多宝塔)

多宝塔(岡山県重要文化財指定
 元禄年間、岡山藩主池田綱政公が後楽園の借景として建立に着手。次の藩主池田継政公の時代に完成した。
県下2番目の規模であり、「見かえりの塔」とも呼ばれている。



(本堂)

本堂(岡山市重要文化財指定)
建長6年(1601)に再建されたもので、現在の位置に移築されたのは、寛政12年(1800)。桃山時代の建築様式を残し、外観は素朴であるが、内部は歴史の深さを感じさせる重厚な趣きである。



(毘沙門天立像)

毘沙門天立像
  (岡山市重要文化財指定)
 藤原時代中期(11世紀)ごろの作で、けやきの一木造りで高さ145cmの像である。



(伝聖観音菩薩像)

伝聖観音菩薩像
  (岡山県重要文化財指定)
 8世紀末から9世紀初頭の作で、一木造りで高さ102cm像で、丸のみの目を残す鉈(なた)彫り手法で作られていることが特徴。



(鐘楼門)

鐘楼門(通称「白門」)
安住院の鐘楼門は、創建の年代は定かではありませんが、江戸時代初めと推測される。しかし、老朽化したため、天保6年(1835)住職(本性僧正)により発願・再建されたものが現在の門である。形式は、正面6m側面4mの四脚門に龍宮造りといって、漆喰(現在はセメント)でアーチ型の通路としたもので、龍宮門と呼ばれています。この規模のものは、県内では珍しいものです。


(→安住院の歴史) (→安住院の境内)

トップページ